〈情報〉はじめてのプログラミング VBA 第2回 

情報

~実際に書く準備~ 

プログラムってどう書くんだろう?第1回の記事を読んでくれた君は楽しみで仕方ないよね。今回はプログラムの書き方を解説するよ。画像付き解説もあるよ。

まずはExcelを用意してくれたかな?まずはExcelを開いてね。同時にこのページも開いてね。

早速、VBAを使える状態にしよう!

  1. Excelを開く
  2. 「空白のブック」を押して空白のシートを出す
  3. 左上の「ファイル」を押す
  4. 左側の「その他…」を押す
  5. 「オプション」を押す
  6. 左の枠の中から「リボンのユーザー設定」を押す
  7. メインタブの「開発」にチェックを入れて下部の「OK」を押す
  8. シートの上部の「開発」を押す
  9. 左側「Visual Basic」を押す
  10. 上部の「挿入」を押す
  11. 「標準モジュール」を押す

以上の手順でプログラムを書く準備ができたよ。うまくできなかった人のために画像付きで説明するよ。

うまくできた人は第3回へ!

手順1 Excelを開く

手順2 「空白のブック」を押す

手順3 左上の「ファイルを押す」

手順4 左側の「その他…」を押す

手順5 「その他」の右に出てくる「オプション」を押す

手順6 左の枠の中から「リボンのユーザー設定」を押す

手順7 メインタブの「開発」にチェックを入れて下部の「OK」を押す

手順8 シートの上部の「開発」を押す

手順9 左側「Visual Basic」を押す

手順10 上部の「挿入」を押す

手順11 「標準モジュール」を押す

この画面が出れば成功!!

以上で準備完了! 第3回へLet’s Go!!

何か質問があればコメントどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました