〈総合〉たいぽんの疑問1

たいぽんの疑問


 こちらのコーナーでは日本や世界で起こっているさまざまな社会問題などについて、いろいろな意見を募集します。他人の意見を知ることによって、さまざまな視点で物事を考えられるようになります。匿名で結構ですので、皆様の意見をお待ちしております。また、レポートで調べているなど、扱ってほしい題材などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 疑問

今回は記念すべき第1号です。題材は、コロナウイルスにより収入が減ってしまった個人やお店に対する国や地方自治体からの保障についてです。

 ニュースなどでご存知の方も多いと思いますが、コロナウイルスが原因で個人事業やアルバイトでの収入が著しく低下し、生活に困窮している方が多くいます。そのような方々に対して、国や地方自治体はどのような支援をすべきなのでしょうか。政府は当初、収入が一定以上減った世帯に対して30万円の支給を行うとしていましたが、変更し、1人あたり10万円の支給をすることを決めました。素早く国民にお金を届けられるというメリットがある一方で、富裕層にも1人あたり10万円を支給するのはおかしいという意見もあります。また、なんでもかんでも補償というわけにもいきません。補償で支払われるお金は我々の税金です。国は追加で国債を発行し国としても負債がどんどんたまってしまっている状況です。また、国債を日銀が買い、そのお金を国民にお金を配ることによってインフレーションの懸念もあります。

 このことについて、皆さんはどうお考えですか。ぜひ、意見をお聞かせください。下にスクロールするとコメントを書き込める欄があります。そちらに匿名で結構ですのでお気軽にコメントをお書きください。

コメント

  1. TNT says:

    私は両方やるべきかと思います。そもそも、目的が2つの給付で違うと考えています。減収世帯への30万円給付については家賃や生活費などの支援であり、一律10万円給付については乱暴な言い方ですが“自粛お疲れ様のご褒美”であると思います。目的が違えば当然両方行う必要がある。
    一方で、国の財政事情的に両方は無理であることは自明です。そこで、どちらを優先するかということで悶着の末に一律10万円給付となったんだと考えています。私としては、減収世帯に対して10万円給付では足りないと思います。そこへの支援をしっかりするという条件で、一律十万円をご褒美としてやるのは良かったのではないでしょうか。

    インフレについては、今の状況で起こすのは決して悪いことではないでしょう。マスク以外は価格高騰させる作戦はありじゃね?

  2. 花輪くん says:

    富裕層に金が払われることがおかしいとか言ってる奴は誰なんですか?どんな理由で?お金使って経済回して欲しいから配るんでしょ10万円?富裕層の方がお金たくさん使ってくれるでしょうに!貧困層?の方が貯金する方多いのではぁ??全くふざけてますねぇそんな奴らは。そもそも誰が納めた税金だと思ってるんだこのウマシカどもはほとんど富裕層だろうが!公的サービスうけてるくせに自粛期間中議事堂前だとか官邸前で”金よこせ”とか言って練り歩く自称日本人のムシケラヒトモドキ達と変らんですねぇ
    金持ち代表 花輪家の御曹子 花輪和彦より

    • 山田花子 says:

      それはわたしも同感ですね。
      本当にふざけた奴らです。
      たいぽんさんはどうお考えですか?

      • たいぽん says:

        コメントありがとうございます。
        私の意見は政府の判断は正しかったと思います。
        当初の30万円を支給する案は対象が曖昧な上、時間がかかってしまいます。困窮している方々に素早くお金を届けるためには10万円支給の方がいいと思います。また、富裕層は税金を多く払ってもらうことで賄えばいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました